KRC_mark爺いの暇つぶし

サイト紹介!

爺いの時間つぶしです。運動の一環で神社仏閣の参拝と御朱印帳集めをしてます

tora_kawazu-sakura

爺は2017年で仕事を辞め、病気静養をしています。
「爺いの時間つぶしサイト」は神社仏閣の写真とそこの御朱印を掲載しました。神社仏閣参拝は軽い運動で天気の良い日に歩き、素人写真ですから、後で「ああすれば良かった、このような写真が良い・・・と思う事が多いです。
写真は下手です。我慢してみてください。

散歩先と御朱印帳です

   
参拝日 神社仏閣名 最寄り駅・気づいた事など
平成29年4月28日 久本神社 御朱印は溝の口神社にて記載されます
平成29年2月4日 溝の口神社 東急田園都市線:溝の口駅・JR南武線:武蔵溝ノ口駅

久本神社(御朱印は溝の口神社でいただけます)

     ご祭神 天照皇大神

久本神社 久本神社朱印


















TOPへ戻る


溝の口神社(溝の口)

     ご祭神 天照皇大神

溝の口神社

 御祭神の天照皇大神は皇室の御祖神であり、また私達(日本人)の総氏神でもあります。八百万の(様々な)神々の中心となる神さまであり、 その他の神々と力を合わせることにより、さらに一層の御神徳を増す神さまであることが分かります。これらのことから「天照皇大神」さまは、動植物のみに限らず、八百万の神々に至るまで『万物に活力』を与え、その仲を取り持つことから 『物事の調和』をはかる御利益
(ごりやく)があるといえるでしょう。

溝の口朱印

由緒・沿革

神社の創立年代は定かではありませんが、神社保存の棟札よれば、宝永5年(1709年)武州橘樹郡稲毛領溝口村鎮守、赤城大明神の御造営を僧・修禅院日清が修行したと記されております。江戸時代は神仏習合に よりまして、 溝口村の鎮守・赤城大明神と称されておりました。 明治維新後、神仏分離の法により、溝口村(片町・上宿・中宿・下宿・六軒町・六番組)の総鎮守として祀るべく新たに伊勢神宮より御分霊を奉迎し、御祭神を改め溝口神社と改称、更に明治6年(1873年)幣帛共進村社に指定されました。







TOPへ戻る